スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代ローマをテレビでやっていた

2008-01-03-Thu-23:59
TBSの正月番組として みのもんた 司会で4時間半の番組だった。

これはっ、と思って見て見たら、塩野七生さんの『ローマ人の物語』そのものを番組化したものだった。
ハンニバルとスキピオの戦いとかカエサルの行動、考え方など良く出来ていたと思うが、最後は、時間に収めるためにパタパタとなってしまったのは仕方が無いか。
なんといっても、15冊、ページ数にしたら6000ページは超える内容を4時間で収めるわけだから。

ちょっと気になったのは、ローマ街道の轍。
2000年前の轍であるはずはない。
と、七生さんなら言うはずなのに。なぜ、そこが公正されなかったのかな。
轍は、ローマ帝国衰退期以降ならありえるが、それ以前なら、完全舗装の高速道路をメンテしていたローマ軍であれば、少しの轍が見えてきたらすぐ修復していたはずだから。


塩野さんが少しだけ出てきて話していたが、塩野さんのトークはやっぱりイマイチだったな。

塩野さんのは作品を読むのが一番だ。


番組を見て、
行きたいーー。イタリアへ。

この目でフォロを、パンテオンをサンタンジェロ城を。。。。もちろんバチカンも。


かみさんも一緒に見ていて、今年は是非ローマに行きたいね。
と言っていたが、「13時間もエコノミーで行けるかどうか不安だ。」なんて言っている。

「一度でいいからファーストクラスでヨーロッパに行ってみたい」って。
なに言っているんだ。見るからにエコノミーのくせに。

ところで、やはりローマといって連想するものは普通は「ローマの休日」なんだね。
現代のローマもルネサンスのローマも、古代ローマも、とにかくこの目で見てみたい。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK

カエサル

カエサルカエサル(Caesar)は、古代ローマのパトリキ系の氏族であるユリウス氏族に属する家族名(コグノーメン)。後にローマ帝国君主の称号(君主号)ともなった。この家族名のみをもって、カエサル家に属した共和政ローマ|共和政末期に活躍した独裁官
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。